お知らせ

2020 / 06 / 30  15:25

7月献立始まります 一日三組様ご利用いただきます

 梅雨明けはいつでしょうか、コロナの第2波も懸念される中皆様如何お過ごしでしょうか。あさがお.png

 けぬきや亭では7月を迎え爽やかさを盛り込んだ新献立がスタートいたします。

 涼しげなお料理とお席をご用意致しますので夏を前に皆様お揃いでひと時を過ごされるのは如何でしょうか。

三密を回避してゆっくりお食事とご歓談を楽しんでいただけます様お席の配置を設定し一日三組様まで713日よりお迎えすることといたします、どうぞご利用下さいます様ご案内申し上げます。

花火赤.png

2020 / 06 / 03  09:05

6月献立ご紹介

四国、九州地域の梅雨入りは平年より若干早いようで、この傾向では東海地域平年6月8日だそうですからもう間もなくこの地区も梅雨入りでしょうか。

水無月献立スタート致しました。スタッフ一同5月の皆様のご感想、ご意見を十分考慮しこの季節を楽しんでいただけます様、見た目お味ともに爽やかを心掛け調理いたしました。今月は庭の緑も一層生き生きとして深みを増してくることでしょう。

どうぞ季節の移ろいをお楽しみいただけます様ご案内申し上げます。

6月サンプルトリミング3000.jpg

2020 / 05 / 31  07:41

初夏の涼風

5月15日岐阜県コロナ対策本部より現状に対する行動指針が示されました。

けぬきや亭ではもちろん全面的に指針に従いできうる対策を全て講じてまいります。

従って一日2組様限定は継続して参りますのでご理解の程お願い申し上げます。

 

庭のめじろの水浴びをご覧いただきながら初夏の涼風を感じてゆっくりお食事を召し上がる、まさに良換気で密の回避環境です。

「新しい行動様式」をむしろポジティブにお楽しみ下さい

お一人様もちろん大歓迎です、季節の移ろいを楽しんでいただけます様ご案内とご報告でした。

2めじろ.JPG

2020 / 05 / 20  10:05

利休麩 ご紹介

 けぬきや亭では全て麩兵で店頭販売しています材料で調理しています。

 皆様のご意見で生麩田楽と並んでご好評をいただいていますのが「利休麩」です、いままでご存じなかった方もいらっしゃいましたので改めてご紹介いたします。

 製法は麩の素材に近いものを油で揚げ醤油みりん等で味付けし茶褐色で気泡が多く独特の食感があり、精進料理でお肉に見立てて利用されて育てられたと伝えられていますが納得していただけるでしょう。

 京都大徳寺の修行僧が考案したとされ以前は大徳寺麩と言われていましたが訳あって「利休麩」として京都をはじめ各生麩店で製造販売されています。

 大徳寺は千利休が茶文化の拠点としていましたから命名されたと理解できます、秀吉に利休が切腹を命じられた原因の一説には大徳寺の僧門の改修がありましたね。

 けぬきや亭5月の献立ではスライスして白酢(豆腐、酢、砂糖、味醂)を添えています。

 お召し上がり方はスライスしてそのまま、またはトースターで焼いてポン酢、大根おろしで味付けまたは野菜の煮物、サラダ、酢の物、麺類のトッピング、寿司ネタと無限といっても過言ではない調理法があると言えます。

 お気軽にご自分独自のレシピを考案されてはいかがでしょうか一度おためしください。

利休麩.jpg

2020 / 05 / 19  08:48

開店1週間 御礼企画

 けぬきや亭開店し1週間経過いたしました。

 清々しい日々が続いていますので連日ご来店頂きました皆様にはお食事と新緑を楽しんでいただけたかと思っております。

 開店1週間を期して皆様への感謝の気持ちからささやかではありますが ゆば、麩に親しんでいただけます様 麩兵本店にて御得にお買い求めいただける「ご優待券」をご来店のお客様に本日より進呈させていただくことにしました。

 ご利用いただけます様ご報告いたします。

HP優待券.jpg

1 2 3 4